速いのが好きだ!!:僕のルーツミュージック | さじやんのDCDC(デコデコ)日記

さじやんのDCDC(デコデコ)日記

ナイーブな団塊ジュニアの僕が聴いてきた音楽、読んできた本、身辺雑記など。アングラ・サブカル好きな諸兄に楽しんで頂けると嬉しいです

Top > スポンサー広告 > 速いのが好きだ!!:僕のルーツミュージック スラッシュ > 速いのが好きだ!!:僕のルーツミュージック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速いのが好きだ!!:僕のルーツミュージック

ハードコアを聴き始めてからとにかく「速い曲」が大好物になり、それ系ばかり聴いていた時期がある。
BPM200以上。ちなみにブレークビーツやロック系は125~135、ハウスだと100~130だから尋常じゃない速さ。

ジャンルはどうでもよかったがスラッシュ・メタル、クロスオーバーなどと呼ばれていたようなバンドだ。

自分でもなぜ「速さ」をもとめるのかよくわからなかった。

頻脈なので心臓のBPMが速いからか?とか見当違いな仮説を立てたりしていた。

今考えれば単に「より強い刺激」と「俺は普通のロックはかったるくて聴かないぜ」というアイデンティティを求めていた若者の一人だったのだろう。

実際、大学に入ってから「俺は60年代のシカゴブルースが好きでさあ」なんてしたり顔で語る奴でも中高生校時代はMegadethにはまっていたという恥ずかしい(?)過去をカミングアウトする友人は多かった。


僕が最初にスピードメタル(スラッシュではなかった)を聴いたのは、以前の記事に書いた僕のギターの師匠H君に教えてもらったRIOTの「Thundersteel」だ。H君の高校の先輩からテープを借りて彼の部屋で聴いた。


ThundersteelThundersteel
(2008/03/01)
Riot

商品詳細を見る


初めて聴いた時のツーバスドコドコの衝撃。さらにメロディックなボーカル、ツインリードギターもかっこいい。んだが早々にコピーするのはあきらめた。そもそも何をどう弾いているのか当時の稚拙なテクではさっぱりわからなかったからだ。

NWOBHMから派生したスラッシュメタルがメジャーでも人気が出てきて、今でも活躍するMetallica,Anthrax,Slayerも大好きになった。

高校は電車通学で1時間。満員電車に揺られながら「ああ今日の小テストうざいなあ」とか思いながらウォークマン(さすがに高校では買わせてもらえた)でスラッシュを聴き、気合を入れていた。

今でも通勤電車で「ああ今日の仕事うざいなあ」と思いながらスラッシュで気合をいれることは多い。


State of EuphoriaState of Euphoria
(1988/09/09)
Anthrax

商品詳細を見る




Master of PuppetsMaster of Puppets
(2000/05/25)
Metallica

商品詳細を見る




国内でもスラッシュは盛り上がっていて、女性ボーカルHIZUMIさん(メイクも声も恐ろしかった)率いるJURASSIC JADE、SHELL SHOCK、DOOMが好きだった。

それはこのコンピを聴いた影響が大きい。

SKULL THRASH ZONE ISKULL THRASH ZONE I
(1991/11/21)
オムニバス、GROUND ZERO 他

商品詳細を見る






ちなみにこの↑目黒鹿鳴館ライブに友人N君(今は大手銀行員。僕とS君の3人でeros2000という打ち込みユニットを結成するも数回の飲み会でコンセプトだけ話し合い活動休止中)がスラッシュのライブには似つかわしくない、まじめな中学生のネルシャツ姿で映り込んでおり、それが彼の飲み会での自慢と鉄板ネタになっている。その話何回聞いたよ、って感じです。


DOOMはスラッシュというよりクロスオーバー? 変拍子も多く、フレットレスベースをぶいんぶいん弾き回す諸田コウ氏(見た目は怖いが心優しい)のスーパーテクにも憧れた。



Wikipediaによると、残念ながら諸田さんは1999年5月7日、不慮の事故によりおなくなりになっているそうた(享年36)。

関係ないが大学時代に「ドゥームすみません」というくだらないダジャレが一部の間で流行っていた。あほだなあ。

そしてなんといっても後に大ブレイクした「X」(現X JAPAN。アメリカに元もとXいうバンドがいたから)は本当に好きだった、初期は。

この曲も前述のコンピに入っているが、ヨシキのドラムはこの頃からはんぱ無く速い。そりゃ倒れるわ。



メジャーデビューアルバム「Blue Blood」は発売日にレコード屋にいったらCDが売り切れで、仕方なくカセットを買った記憶がある。まだカセットも売ってたというところに80年代を感じる。


BLUE BLOODBLUE BLOOD
(1989/04/21)
X

商品詳細を見る


「たけしの元気が出るテレビ」での一連のヘビメタ名企画(早朝ヘビメタ等)に出ていたのがXだと知るのはずいぶん後だった。後に世界のヨシキ様とアゴオバケになるとは。



その後、いわゆるオーソドックスなHR/HMも好きになるが、一周りしてまたスラッシュが好きになっている。

ではまた。
doom.jpeg



コメントの投稿

Secret

リンク
on Twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
15280位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バンド
898位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
音楽