2014年01月 (2014年01月) | さじやんのDCDC(デコデコ)日記 1/2

さじやんのDCDC(デコデコ)日記

ナイーブな団塊ジュニアの僕が聴いてきた音楽、読んできた本、身辺雑記など。アングラ・サブカル好きな諸兄に楽しんで頂けると嬉しいです

Top > アーカイブ: 2014年01月  全2ページ中1ページ目を表示中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Cornelius、サニーデイ:僕のルーツミュージック

このブログのタイトル、「私の履歴書〜音楽編」にしようかな・・。今のタイトルは妻に降りてきた天の啓示(思いつき)によるものです。さて前々回、小沢健二のことを書いたので、今回はもう一人のフリッパーズ、小山田圭吾(Cornelius)について。93年のファーストシングル「太陽は僕の敵」が出たときは、小沢くんのときと違ってほっとしたというか違和感を覚えなかった。いわゆるフリッパーズの続きのような楽曲・歌詞で、特に驚き...

続きを読む

スポンサーサイト

初めてのバンドとM君の話

日記と言いつつ音楽回顧録になってしまったこのブログ。いつになったら今聴いている音楽に辿りつけるのだろうか・・今回は初めて組んだバンドの話を書きたい。大学2年の頃、I君のつながりで1年後輩のM君という男と知り合った。彼もI君に負けず劣らず音楽マニアで、ドラムをやっていた。彼は僕が高校時代から好きだったパンク、ハードコアから、オルタナティブロック(現在の意味合いとは少し違うが)、ノイズ、実験音楽、フリージ...

続きを読む

小沢健二:僕のルーツミュージック

I君とはその後、同じ現代美術のゼミに所属し、大学時代の後半はなんだかんだで一緒にいることが多かった。彼が住んでいた鵠沼に行って海辺でぼーっと過ごしたり、部屋で音楽をきいてギターを弾いたりしていた。フリッパーズは91年、僕が大学2年のときに解散。その後93年に小沢健二はソロシングル「天気読み」、アルバム「犬は吠えるがキャラバンは進む」をリリースする。いったいどんな音楽をやるのだろうかと期待と不安の混じった...

続きを読む

マイブラ、フリッパーズ:僕のルーツミュージック

#このエントリーは、オクダケンゴさんの「渋谷系年表(http://www.geocities.jp/radiodaze76/KKK00.htm)を大いに(勝手に)参考にさせていただきました。このサイトを作って頂いたことに感謝しています。-----------------------------いつ、どこで、どんなきっかけで知り合ったのかはっきりと覚えていないのだが、僕の音楽の世界を広げてくれた大切な大学時代からの友人がI君だ。彼が学校にリッケンバッカーのギターを持ってき...

続きを読む

Welcome To The Jungle:僕のルーツミュージック

大学時代には音楽的刺激を受けた友人が多くでき、自分の音楽の世界が大きく広がった貴重な4年間だった。僕の入った大学は藤沢にできた新設学部で自分たちが1期生。つまり先輩がいない。サークルもない。だから自分たちで自主的にサークルを作る。音楽系ではロック研という洋楽邦楽ロック全般のサークルと、ジャズ研、他にもいろいろできたと思うが、その2つが勢力的には大きかった。ロック研の勧誘ライブではBBAをやるバンドもいれ...

続きを読む

速いのが好きだ!!:僕のルーツミュージック

ハードコアを聴き始めてからとにかく「速い曲」が大好物になり、それ系ばかり聴いていた時期がある。BPM200以上。ちなみにブレークビーツやロック系は125~135、ハウスだと100~130だから尋常じゃない速さ。ジャンルはどうでもよかったがスラッシュ・メタル、クロスオーバーなどと呼ばれていたようなバンドだ。自分でもなぜ「速さ」をもとめるのかよくわからなかった。頻脈なので心臓のBPMが速いからか?とか見当違いな仮説を立て...

続きを読む

BEATCHILD:僕のルーツミュージック

高校時代、パンクばかり聴いていたかというとそうでもない。結構ミーハーに色々なジャンルの音楽を聴いていた。先日映画館で見た「BEATCHILD」という国内初の野外ロックフェスに出ていた中にも好きなアーティストがたくさんいた。特に今でもとても好きなのは岡村靖幸。DATE(2012/02/15)岡村靖幸商品詳細を見る踊りも歌もキレキレ、天才だと思います。中学の頃、初めて自分でチケットを買って行ったコンサートが渡辺美里@奈良県民会...

続きを読む

関西アンダーグラウンドとハードコアパンク:僕のルーツミュージック

僕の記事、年代や時系列のファクトは記憶が曖昧かもしれず、間違ってるところがあったらごめんなさい。80年台後半の高校時代、ラフィンノーズからパンクを知った僕は、当然のようにSEX PISTOLS、CLASH、RAMONES、The Damned、Sham69、UK SUBS、Dischaegeなど少し前のUK/USバンドにはまっていった。ピストルズの第一印象は「軽くてトロくてあんまりかっこよくない」だった。が、後に聴きこんで好きになる。国内では当時すでにUK/US...

続きを読む

ラフィンノーズ、パンク:僕のルーツミュージック

記憶が曖昧なのだが、たぶん高校入学直後だったと思う。クラスで秀才T君と友達になった。T君は僕が入学した私立中高一貫校で下から上がってきた男で、音楽や文学にも詳しかった。そんなT君はすでにバンドを組んでいて「大阪の鹿鳴館でライブをやるから来ないか」と誘われた。それまでライブハウスにも行ったことは無かったし(中学の頃ディスコブームでマハラジャには行ったことがあったが)、T君のバンドがどんな音楽をやるのか知...

続きを読む

MTVと洋楽:僕のルーツミュージック

前の記事で書いた「ドリフの早口言葉」、元ネタ自体がウィルソン・ピケットのカバーだったのか。知らなかった・・Original Album Series(2010/08/10)Wilson Pickett商品詳細を見るさて、だれも興味がないでしょうか、今回も私アラフォー男子の音楽遍歴です。横浜に住んでた小学校中学年の頃、友達のお姉さんがYMOのコピーバンドをやっていた。その練習を何度か見させてもらい、その時はそんなにしびれる感じではなかったのだが「ラ...

続きを読む

リンク
on Twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
22917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バンド
1499位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
音楽